水について考える

水は体温を調整してくれる

水に含まれる栄養成分を調べる

学校で水に含まれる栄養成分表示を調べる実験をすると、楽しい時間を過ごせる、記憶に残るなどの長所が存在します。珍しい実験なので生徒達は、興味を抱きながら実験をする教師の手元を見ているはずです。成功すれば拍手喝采の渦が発生し、教師は満面の笑みを浮かべながら手を挙げて応えるはずです。その時のことは思い出として記憶に残ることでしょう。大人になり、同級生と出会う機会があった時は、実験のことを話題に出すと盛り上がれると思われます。短所は失敗してしまう場合があることです。手をぶつけてビーカーを倒すと、水が周囲にこぼれてしまいます。そうならないように、注意しながら実験しましょう。

飲み物をこまめにとることが大事

水も広い意味で見ると栄養素の一つです。人間の身体の約60パーセントを占めており、物質の運搬や安定した化学反応の場を作ったり、体温の調節を助けたり、細胞の形や性質を維持するのに使用されています。体重の1パーセント相当の水分が失われるだけでものどの渇きを感じますし、3パーセント減ると運動能力や体温調節能力が落ちてしまいます。10パーセント以上なくなってしまうと意識障害・全身の臓器の機能低下など命にも関わってくるような大切な成分なのです。尿や汗・呼気などを通じて体外に出て行くため、食べ物や飲み物などでこまめにとる必要があります。

↑PAGE TOP