水を使った実験とは

水は体の重要な構成要素

水に含まれる栄養を計算する実験

水の中に含まれる栄養を計算する実験を学校で行うと、思い出に残る、同級生達との話の材料になるなどの長所があります。基本的に、教師の指示通りに実験を進めることになるはずですが、上手く成功すれば、同級生達は興奮しながら喜ぶと想定されます。楽しい出来事なので、いつまでも記憶に残る可能性が高いです。また、話のタネとしてうってつけなため、しばらくの間は同級生達との話題に上ります。短所は成功するとは限らないことです。例えば水に余分な何かを入れてしまった際は、実験が失敗する確率が上昇します。その時は、もう1度やり直したほうが無難です。

栄養との関わりやその重要性

水はヒトの体の60%強を占める、重要な物質です。血液の重要な構成要素でもあり、尿等で排出も激しい事から体内備蓄はされ難いという性質もあって、供給が断たれるような事があれば生命の危機に直結する事となります。カロリーは有していないのでエネルギー源にはならないものの、カロリー源となる物質や代謝された老廃物の運搬には欠かせません。その意味では、ヒトにおいて最も重要な栄養であるとも定義出来ます。他の栄養素がある程度体内備蓄が可能な事と合わせても、水の供給の確保は重要となります。災害対策の備蓄においてその確保が重視されている事も、その裏付けとなっています。

↑PAGE TOP